Media トピックス
「フードマタース/〜食に隠された秘密!」上映会開催

2010年5月23日(日)TOKYO YOGA青山会場にて「フードマタース/〜食に隠された秘密!」の、上映会が開催された。「フードマタース」は世界有数の栄養学者、自然療法医、科学者、医師、医学ジャーナリストたちのインタビューを中心に構成されたドキュメンタリー映画(DVD)で、すでにオーストラリア、アメリカ、ニュージーランド、など欧州各国で2009年に発売され、最初の3ヶ月で6万部のセールスを記録し、食事療法を中心にヨガや瞑想など自然な方法で健康を改善したいと願う人たちの間で大きな話題となっている。


長年のストレスと西洋スタイルの食事で、慢性疲労や鬱病に

今回は日本語版DVD完成を記念し、監督であるオーストラリアのサイエンス&栄養コンサルタントのジェームス・コフーン氏と、同じくオーストラリア出身のビジネス&栄養コンサルタント学士ローレンティン・テン・ボッシュ氏が来日し、試写会とトークイベントが開催された。またトークイベントの進行をヒーリングフード・コンサルタントの須永晃子氏が務めた。

そもそも栄養士であるジェームスとローレンティンが栄養士から転じて映画製作に挑んだのは、自身の家族の問題がきっかけだったという。2003年ジェームスの父親であるロイは、長年に渡るストレスの多い仕事と典型的な西洋スタイルの食事の結果、慢性的な疲労、鬱病、心配性などいくつもの重篤な症状に見舞われていた。医師から処方される抗うつ剤をはじめとする大量の薬では症状が一向に改善されず、ロイの精神状態は悪化の一方を辿っていた。

食事の重要性をほとんで学んでいないことが、現代医療の最大の問題点

5年間に渡る大量服薬はロイの身体だけでなく心も蝕んだ。それを解決する方法を学ぶべく二人はカリフォルニアのGlobal college of Natural Medicineで栄養学を学び直す。このカレッジでは従来の栄養素とカロリーの概念をベースにした栄養学ではなく、自然療法を中心とした食物のもつエネルギーや食物酵素の概念をベースとした最新の栄養学を学ぶことができたという。

そしてここでの学びによって、ジェームスの父親が抱える健康問題がまさに世界中で起きている健康被害の減少の縮図であり、栄養価の低い食品、食品添加物、薬剤への依存などが現代社会に病気をもたらしていることに気づいたという。

医師や医療従事者は医師免許やその他の免許を取得するまでに、もちろん専門的な勉強を行ない、厳しい試験をパスしているのは各国共通であるが、その過程で食事の重要性を学ぶ時間や科目はほとんど削られており、そもそもどのような生活が病気を防ぐのかを学んでいないことが現在の医療の抱える最大の問題点であると二人は指摘する。

正しい食事、サプリメント、デトックスが慢性病を癒す

栄養学を学んだ二人がロイに栄養療法を奨めても、半信半疑で聞き入れてもらえず、ついに二人は世界中の自然療法士や栄養学者や見識者たちにインタビューをし、それをDVDにしてロイに見せることを考えついたそうだ。そしてこの作品を見たロイは劇的な変化を遂げることになる。

あれほどミネラルやビタミンなどの栄養療法に関心を示さなかったロイが、栄養療法を実践するようになり、さまざまな病気から解放され、健康を取り戻してハッピーなリタイアメント生活を謳歌しているという。

この経験から学んだことをジェームスとローレンティは世界中の人とシェアしたいと考え、この映画作品が誕生した。世界の栄養学の第一人者たちは、不適切な栄養が健康に害を及ぼすことに警告しているだけでなく、正しい食事、サプリメント、デトックスが慢性病も癒してくれることを作品のなかで伝えている。

主な登場人物は以下の通りである。
アンドリュー・ソウル氏:自然治癒分野のコンサルティングとして活躍するほか、作家、大学教授として臨床栄養学の教鞭をとる。
デービット・ウォールフ氏:ローフードとスーパーフードの第一人者で、「何を食べるかがヒトを作る」という普遍の心理を主軸に、正しい食事療法を起業家やハリウッド関係者などに指導している。
シャルロット・ゲルソン氏:マックス・ゲルソン博士の娘であり、88歳にして現役の栄養指導士。ゲルソン療法を中心に自然治癒力を高める自然療法の研究を行なっている。
イアン・ブライトホープ氏:外科医師として20年以上の経験を持つ。専門は栄養と環境薬学、主に心臓病、精神疾患、慢性疲労、関節炎、ぜんそく、アレルギー、糖尿病など。
ビクター・ゼインス氏:総合歯科医師。栄養学博士。虫歯や生活習慣病を誘発する原因となる歯周病は栄養不足が要因のひとつであり、栄養を改善して栄養補給することにより改善できると説く。
ダン・ロジャース氏:医師、自然療法士。1970年代から自然療法で多くの患者を治療することに成功している。「内側からの解毒と治癒」を掲げる栄養ベースの「ゲルソン・プラス療法」の有効性を提唱している。
ジェローム・バーン氏:医療ジャーナリスト。科学に基づいているということだけが治療を意味するわけではなく、自然な取り組みが驚くべき成功率を実現していると報道する、イギリスの有名なジャーナリストのひとりである。
フィリップ・デイ氏:作家。ジャーナリスト。健康は自己責任にであり「防止こそ莫大な費用のかかる多くの療法よりも価値がある」を信条としている。

上記の登場人物は、作品中のインタビューでいずれも現在の西洋医学の限界、製薬会社や食品会社との癒着を含む医療業界のダークサイドを鋭く指摘している。また「何を食べるか自ら選択しよう」ということを重要視し、オーガニックフードなどハイクオリティのものを消費者自らが選択し、購入することで、生産者や小規模優良企業の活性といったムーブメントにつながるのだと口をそろえる。

病気の80%、栄養状態に問題あり

国内ではオーガニックフードの需要と供給はまだまだ少ない。デフレの影響もあり、安ければいいという価値観が蔓延しているが、家賃には莫大な費用を投下するのに、命を作り出し生命力であるはずの食品に費用をかけず、安く済ませたいという安易な発想はやはり価値観が逆転しているといわざるを得ない。どんな病気であれ、入院患者の80%は栄養状態に問題のある数値がみられるという。

われわれはまず、栄養状態を整えることに務めるべきである。その方法としては、良質な水をたっぷり摂取すること、食事の50〜80%を生きたままの酵素が摂取できる野菜やフルーツを中心とした生食にした献立にすること、そしてスーパーフードと云われる食材を積極的に摂取することだと、ジェームスとローレンティはまとめた。


「フードマタース/〜食に隠された秘密」(DVD)の購入はこちら >

Copyright(C)2010 JAFRA. All rights reserved.