TOPIC
   メタボ解消に効果、「一無、二少、三多」

メタボ対策、「一無、二少、三多」の6つの健康習慣が最適

「一無、二少、三多」は、1991年に池田義雄博士(日本生活習慣病予防協会理事長)が唱えた健康習慣の勧めであるが、これがメタボの発症を効果的に減らすことが、東京慈恵会医科大学総合検診・予防医学センターの和田高士教授の調査で、改めて明らかになった。

7年間、9500人の人間ドック受診者を追跡調査

和田教授によれば、人間ドック受診者9500人について7年間にわたって追跡調査した結果、池田博士が提唱する健康習慣が、従来の健康習慣に比べてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発症をより効果的に減らすことがわかったというもので、この調査結果が5月に日本内科学会の英文誌に発表されたと、新聞各紙が報じている。

健康習慣については、アメリカ・カリフォルニア大学教授、レスター・ブレスロー教授が1965年に提唱した「7つの健康習慣」や、1987年に大阪大学大学院・森本教授が発表した「8つの健康習慣」が知られているが、池田博士の理論はこれらを凌駕することが証明された。

「一無二少三多」の一無は、禁煙。二少は、少食(腹八分目)と少酒(一日ビール一本以下)。三多(多動・多休・多接)の多動は体をできるだけ動かすこと、多休は休息・睡眠を十分とって心身をリフレッシュすること。そして、多接は、できるだけ多くの人と接することによってストレスを発散することである。

和田教授は、ブレスロー、森本、池田の三氏の健康習慣とメタボ予防への効果を検証。3つの習慣の健康習慣の項目全21について調査。その内容は、健康習慣の実行数によって、実践を少・中・多に分けて、診断基準に沿って、メタボの発症率を探ったもの。その結果は、池田博士の健康管理だけが、実践数に比例してメタボ発症の抑制が見られ、右肩下がりの下降線を描いた。

一方、ブレスロー、森本両氏の健康習慣では、それを〜多く実践してもメタボ発症の抑制効果はなく、むしろ増加する結果となった。 和田教授は、池田博士の「多接」について、悩みを一人で抱え込まないことでメンタルトラブルの予防には有効と言えそうだ、としている。
また、ブレスロー教授の唱える「定期的に激しい運動をする」や、「飲酒量は4本以下」について、また森本教授の「睡眠時間7〜8時間」について、必ずしも妥当でないと述べている。

Copyright(C)2009 JAFRA. All rights reserved. | HOME >